FC2ブログ

半チャーハン二人前

私チャーッの気が向いたら更新される日記的なものだったり。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

音げー好きとゆるーく音楽を学ぼう【ELECTRO HOUSE編】

もうすぐ7月だっていうのに梅雨らしい空が続いて気持ちもレイニブルー('A`)
この間思いっきり降ったんだからもういいじゃないのかしらッ!?

まぁ蒸し暑くはないという事だけはいいところだけどねぇ(´・ω・)


という訳で今回は【ELECTRO HOUSE】
その前にまずはELECTROについて!

エレクトロっていうのは80年代前半頃に出てきたジャンルで、
どんな感じかっていうとWiki先生ー!!
「楽器としてシンセサイザーのローランド・TR-808を使い、
ヨーロッパの電子音楽とアメリカのファンクが融合して成立した。
初期のブレイクダンスのBGMとして愛用され、
後のさまざまなダンスミュージックへ影響を与えた。」(引用・Wikipedia)

これがTR-808。
TR-808
ちなみにどんな音なのかというとこんな感じ→TR-808の音

まぁエレクトロってどんな音楽なのかは聴いてもらった方が早いね、
いつもの事だけど('∀`)

Radioactivity/Kraftwerk

Kraftwerkはエレクトロの産みの親と言ってもいいんじゃないかな?
YMOはこのKraftwerkの影響をたーっぷり受けてるわけ、
後にテクノポップが日本で派生するけども元を辿ればここに行きつくって事だね!

Rockit/Herbie Hancock

殆どの人がどこかで聴いた事があるんじゃないか、の一曲。
ジャズピアニストとして有名なHerbie Hancockだけどこんな電子音楽も作ってたんだよ!


というのがエレクトロです。
ではエレクトロハウスってのは何だろうかと言うと、
実は私もいまいち説明できなかったり('∀`;)アハーハー

そもそもエレクトロハウスでいう“エレクトロ”っていうのは、
さっき紹介した80年代エレクトロとはまた違うんですよ。
これもWiki先生に頼るならば、
「2000年代中盤以降の日本国内において、
ロック色やニューウエーブ色が強い電子音を取り入れたダンスポップを
『エレクトロ』と呼ぶメディアがある」
という事なんですよ。

まぁ日本だとニューウェイブ=テクノポップっていう印象があるからあながち遠くは無いんだろうけれどもね(´・ω・)

個人的解釈でエレクトロハウスを言うとすれば、
80年代エレクトロの要素を含みどこか懐かしさ、
良い意味での古さを感じさせるディスコサウンド的なハウス、
という感じかな?



ってなわけでこの辺でエレクトロなハウスのミュージックで弾けるボディや!

Hell Yeah!/Tiesto & Showtek

ELECTRO HOUSEっていう表記はBeatportとかだと一ジャンルとして書いてあるんだよね。
この曲もそれを頼りに見つけました('∀`)
当たり前だけど80年代エレクトロとは全然違う、
だけどどこか懐かしさとかそういうのもあったり…、って思うのは私だけかー!

Bad Selection/Deadmau5

これで何度目の紹介でしょう、
Deadmau5大好きなんです('∀`)
エレクトロハウスもDeadmau5のお得意先ってやつですな!
因みに今更ですがDeadmau5と書いて「デッドマウス」と読みます。

Escalation/The Rogue Element

私がエレクトロを聴くきっかけになったアーティストは間違いなくこのThe Rogue Elementだね。
色々聴いてきたけれどもこの曲ほど面白くてノれるエレクトロは自分の中では無いね!
それくらいマイベストエレクトロハウスな一曲です( ´∀`)

今回はエレクトロハウスっていう言い方だったけど、
単にエレクトロっていうだけの方が多いかも~( ´∀`)

一時期のブームに比べたら大分落ち着いてはきたみたいだけど、
まだまだエレクトロサウンドは人気があるから探すといっぱい出てくると思うよ!

さーて次回のゆる楽は…【CLICK HOUSE】で行きましょう~。

| ゆる楽 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>